金剛筋シャツ

腹筋を割るために金剛筋シャツユーザーがやるべきこと!

 

 

金剛筋シャツを購入して6つに割れた綺麗な腹筋を手に入れたいと思っている方は多いと思います。

 

筋トレやダイエットを経験したことのある方ならわかると思いますが、腹筋を割るのはすごく難しいですよね。

 

そこで金剛筋シャツを着ながら腹筋をできるだけ早く、効果的に割るためにやるべきことをまとめてみました。

 

綺麗な腹筋を手に入れるためにもぜひ実践してみてください!

 

 

STEP1: 体脂肪率を落とそう!

 

腹筋を割るためにまず筋トレから入るという人が多いですが、これは大きな間違いです。

 

腹筋を割るために最も重要な要素が体脂肪率です。

 

この体脂肪率を上手に落とすことができれば、たいして筋トレをせずとも腹筋を割ることはできるくらい重要です。

 

 

↑こちらの画像を見てください。
この画像の男性は筋肉量は変わりませんが、体脂肪率が減っただけで腹筋が割れています。

 

上に書かれているパーセンテージが体脂肪率なので、自分の体と見比べてみて今自分の体脂肪率が何パーセントくらいにあるかわかりますよね。

 

30%から15%に落とすのはだいぶ難しいように感じられますが、体脂肪率は下に行くほど下がりにくくなるので、30%〜15%と15%〜8%の難易度はあまり変わらないかもしれません。

 

いずれにせよ、体脂肪率12%くらいから腹筋が浮き上がり始め、8%でくっきりとした腹筋になることがわかってもらえたと思います。

 

そもそも、誰でも腹筋は元から6つに割れているものなので、筋肉量を減らさずに体脂肪率だけ減らしてあげれば勝手に腹筋のほうから浮き上がって出てきてくれるものなんです。

 

具体的な体脂肪率の落とし方については、金剛筋シャツを着ながらやりたいダイエット法5選!の方で書いてあるのでこちらを参考にしてみてください!

 

 

STEP2: 筋肉量を上げる・落とさない!

 

腹筋を割る上で最も重要なことが体脂肪率を落とすことだとわかっていただけたと思いますが、体脂肪率を落としていく過程で筋肉量も落ちてしまったなんて場合があります。

 

筋肉と脂肪のどちらも落ちてしまうと骨と皮だけのような、いわゆるガリガリ体型になってしまいます。

 

それだと目指している綺麗に割れた腹筋には程遠いですし、あまり健康的とも言えません。そこで体脂肪率を落としつつも筋肉量を上げる・落とさないということが重要になってきます。

 

筋肉量を落とさないためには高たんぱくの食事を心掛けることも大切ですが、筋肉に常に筋トレで刺激をあたえることも大切になってきます。

 

腹筋の筋肉量を上げるには、中学生がやっているような腹筋のやり方で100回続けてもほとんど効果はありません
高負荷の筋トレを少ない回数で続けていくのが効果的です。

 

おすすめの筋トレとしては、

 

・ クランチ

 

・ Vシット

 

・ レッグレイズ

 

があります。

 

↓クランチの正しいやり方を説明した動画があったので紹介しておきます。

 

 

クランチを行うときは腹筋をしっかりと収縮させることと、体を上げながら息を吐く、体を下げながら息を吸うという呼吸を意識することが大切です。

 

腰を痛めたり、首が痛くなったりするのはやり方が間違っているためです。

 

正しいやり方で続ければ、クランチは最も腹直筋に効くトレーニングです。動画を参考に正しいやり方で行いましょう。

 

↓続いて、Vシットです。

 

 

クランチなどを続けて腹筋に自身が出てきたところでやりたいトレーニングがこのVシットです。

 

クランチよりも負荷が高いためあまり初心者向きとはいえないトレーニングかもしれませんが、慣れてしまえばクランチよりも効果的に腹直筋を鍛えることができます。

 

少ない回数でも十分効果があります。あまり自信のない方は無理をせずに回数を調整しながらVシットをすることをおすすめします。

 

↓最後はレッグレイズです。

 

 

レッグレイズは腹直筋の下部とインナーマッスルである腸腰筋を鍛える方法です。

 

下腹がぽっこりしてきた方が行うと絶大な効果が現れるのがこのレッグレイズです。

 

慣れてきてもっと効率よくしたい場合や負荷を大きくしたい場合は、ゆっくり足を下すことによってさらに負荷をあげ効果を高めることができます。

 

どのトレーニングも器具を使わずに腹筋に高負荷をかけられるトレーニングです。
体脂肪率を下げながら、また理想の体脂肪率になってからもこのトレーニングを続けることで綺麗に割れた腹筋を手に入れることができると思います。

 

 

まとめ

 

腹筋を割るために一番重要なことは体脂肪率を抑えることでした。

 

しかし、体脂肪率を落とすと一緒に筋肉量も落ちてしまいガリガリになる可能性があることもわかりました。

 

金剛筋シャツを着ながら体脂肪率を落とせば、金剛筋シャツが常に筋肉を活性化し続けてくれるのでだいぶ筋肉量が落ちずに済むと思います。

 

また今回紹介したクランチ・Vシット・レッグレイズを金剛筋シャツを着ながら行うことで筋肉量アップも目指せます。

 

腹筋が見え始める体脂肪率は12%です。食事制限などで体脂肪率を減らし、適度に筋トレを取り入れ綺麗に割れた腹筋を目指しましょう!

 

金剛筋シャツを着続ければ、腹筋が割れるまでの期間を大幅に短縮することが期待できると思います。